国からお金を借りるなら即日融資制度

国の制度でお金を借りる

お金が急に必要になり何とか用意しなくてはならなかったり
生活に困ってしまいどうしてもすぐにお金が借りたい場合があります。

かといって高い利子を払っていたのでは、結局生活を悪化させるだけの一時しのぎにしかなりません。

そんな時に利用したいのが公的融資制度です。

これは低所得世帯に対し、緊急かつ一時的に生計の維持が困難になった場合などに、最低限暮らしていくための費用を即日貸付けすることを目的とした国の制度となります。

確約書などで異なりますが、おおよそ貸付けの上限は10万円以内です。
提出書類にしっかりと基づいて計算した金額を上限としますが、この制度はなんと無利子で自治体から融資が受けられるのです。

国がお金を貸す条件

国がお金を貸すということは当然財源は税金となります。
大事な税金ですから融資を受けるにも条件が存在します。

以下がそれらになります。

住民税が課税されていない低所得世帯
生活資金の貸付けにより一時的にひっ迫している家計状況が改善される世帯
現在の居住地に6ヶ月以上居住していること
償還能力のある20歳以上の方が申請すること
医療費または介護費の支払いにより緊急な費用が必要
給料の盗難または紛失により臨時のお金が必要
年金、保険、公的給付の支給開始までの臨時の金銭が必要
被災によって臨時の費用が必要

こういった内容で審査がなされますが、以前は比較的融資までの時間はそこまでかかりませんでしたが、近年ではこういった国の制度の不正受給などの件数の増加などにより、以前に比べ審査は厳しくなっていますので時間が掛かることが予想できます。

だからと言って、即日融資してくれるところを探し、高い利子を払っていたのでは最初に書いた通り、悪循環にしかなりませんので、目先のお金に食いつかないようにしてください。